ショッピングモール

ハンガリー研修の最後に、ブダペストの大きなショッピングモールへ行きました。

こちらは高級ブランドのブティックや宝石店、日本でも人気のファストファッションブランドのお店、本や雑貨などの店舗が併設され、デパートの様な高級感のあるショッピングモールです。

学生たちは皆、数多くあるお店でそれぞれ家族・友人や自分のお土産を探していました。私も友人達と、このショッピングモール内の日用品から食材まで全てが揃う大きなスーパーに行き、寮生活で気に入ったハンガリーのお菓子などを家族のお土産に買いました。

そして、スーパーでお土産を探していた時、なんと日本でお馴染みのこの商品に出会いました。キッコーマンの醤油です。

IMG_2812-2

一種類だけでなく、減塩のものもありました

しかし、値段を見て見るとビックリ。一つ、1,299フォリント!日本円で約519円。ハンガリーの物価などから考えると、醤油はとても高級品なのです。日本と食文化も異なるハンガリーで醤油はどの様に使用されているのか、とても気になりました。

まさか、こうして日本のポピュラー商品がハンガリーで出会えると思っていなかったので、驚きました。同時に、日本の食文化がどんどん世界に羽ばたいていること気付かされ、とても嬉しかったです。

ハンガリーに来て、すれ違う人に「コンニチハ」「アリガトウ」と声をかけて頂くことも多く、はじめて日本が世界から愛される国になっている事を知ることができました。ハンガリー研修、最後の最後に訪れたショッピングモールは私達にとって、とても大切な事を教えてくれた様に思いました。

IMG_2819

皆、それぞれ素敵な買い物ができた様です

(上野 遥)

ブダペストの朝

ハンガリーで過ごす最後の朝です。

荷物は前日にある程度まとめていたため、早く準備を終えることができました。朝ごはんはバイキングで、パンやウィンナー、コーンフレイクなどを食べました。美味しかったです。朝はいつも部屋でご飯を食べていたので、みんなで集まって食べるのは最初で最後でした。先輩との仲も深まり、とても楽しかったです。

IMG_5082 のコピー

ご飯を食べ終わった後、今までお世話になったペーチ大学国際交流コーディネーターのジョンジ先生と学生サポーターのアンナ、ベッティーナに色紙のプレゼントをしました。色紙の他にも、お菓子をあげている人やかわいい折り紙を折ってあげてる人もいて、3人ともとても喜んでくれました。この3人ともう1人の生徒のキティにはとてもお世話になったので、ささやかな恩返しができたと思います。来年もハンガリー研修があれば、また行きたいです。

(佐野 明華)

ホテル

ホテルは三ツ星だそうです。

同室の友だちと、セミフォーマルを着てパーティっぽい写真を撮ろうと話していましたが、部屋に着くとこれまでの旅の疲れが一気に来て、すぐに寝てしまい撮ることができませんでした。

IMG_2400

こんな感じの部屋でした

部屋に入った瞬間に空調が効いていて涼しかったのは、とても驚きました。今まで寮の部屋が汗ばむくらい暑かったので、この涼しさを寮でも味わいたかったです。

IMG_2402

ちょっと薄暗いバスルーム

バスルームがトイレとシャワーが同じ空間にある部屋でした。

今までシャワーはカーテンで仕切られてるだけの空間でしたが、今日のホテルでドアで仕切りられていたので外に水を飛ばす心配がなくなり、思う存分シャワーを浴びることができました。でも、バスルームに電気がなく付いているのは鏡の前の小さな電気だけだったので、薄暗くてそこの点は日本と違うように思いました。

フカフカのベッドで、体を回復することができました。これで、日本までの長旅を乗り越えられそうです!

(小野寺 叶恵)

 

 

ブダペストでの夕食

ハンガリーで過ごす最後の夜は、ホテル近くのレストランでご飯を食べました。

今日のメニューは、ハンガリーではヌードルとして食べられている料理、『ペルケルトとノケドリ』でした。ニョッキみたいなものにパプリカ、豚肉でできたソースがかかっていて、とても美味しかったです。デザートはハンガリーの家庭でよく作られるデザートで、お店では出さないものだそうです。ケシの実とバニラとパンでできていて、日本には似たようなのがないのでとても不思議でした。

ご飯が食べ終わった後に、みんなで折り紙をしました。サポーターで一緒に回ってくれている方と、鶴や手裏剣などを教えながら折りました。折り紙はすごく反響が良く、とても喜んでくれました。

最後の夜でしたが、より一層仲良くなれた気がしました。

その後に、ブダペストの夜景を見にバスで丘に登りました。丘から見る景色はとても綺麗で、感動的でした。

IMG_5598

ハンガリーで過ごした時間はとても充実していて、またハンガリーに行きたいなと思いました。

(小林 加奈)

ブダペスト

9/5の朝、約5日間お世話になったドミトリーに別れを告げ、ブダペストに向けて出発しました。昨夜遅くまで荷造りをしていたためか、バスの中では熟睡!気がついたらランチをするレストランに到着していました。
FullSizeRender-05-09-17-11-43その後は、いよいよブダペスト観光のスタートです!
初めは、ガイドさんに説明してもらいながら、バスで様々な観光名所を回りました。約3時間のバスツアーだったのですが、あっという間に過ぎてしまいました。
その後は自由時間となり、チームが二手に分かれました。一つは温泉に行くチーム、もう一つは市場に行くチーム。私は後者で、まず市場に向かうために地下鉄に乗りました。念願の海外での地下鉄!改札がないこと、エスカレーターの速度が異常に速いこと、一度電車に乗ると車両移動ができないこと。驚くことが沢山ありました。
市場は、沢山の人で賑わっていました。八百屋、お土産屋、雑貨屋に飲み屋など、様々なお店がありました。市場でいくつか買い物をしたのですが、これ全て合わせても10,000フォリント(4,000円)ほどでした。とても安い!私達は一時間ほどいたのですが、回りきれません。朝から開いているので、また機会があったら来てみたいと思いました。
明日はいよいよ最終日です。最後まで楽しんで、日本にお土産話をたくさん持って帰りたいですね!
(高尾 愛)